アバンダンシアオリジナル軽トラハウス​

「ムーバールーム」

IMG_2087.HEIC
IMG_2092.HEIC

 あなたが軽トラハウスに求めるものは何ですか?ソファに腰かけゆったり過ごすキャンピングカーの快適性ですか?

国内外新旧のキャンピングカーでの旅を知り尽くした当店が作りたかった軽トラハウスは少し違っているかもしれません。それはできるだけ広く、無駄な物は配さず、いつも日差しに包まれ、家の中で一番くつろげるお気に入りの部屋のような空間。そのお気に入りの空間が移動出来たらどれだけ素敵だろうという思いで製作いたしました。

 本格キャンピングカーはサイズにも余裕があり、装備類も贅沢に配置されています。ソファや立派なテーブルも・・・。でもキャンピングカーオーナーさんの少なくない割合が、床に座る自宅の居間よろしく、ダイネットをベッド状態にして車内で過ごしているのも意外な事実。日本人って結果床に座るのが落ち着きますよね。だったらソファや立派なテーブルは備えず、床面積を広く、自分なりのレイアウトで使っていただこうと決めたわけです。座布団がいい人も、作り付けじゃなく好みのソファを置きたい人も、マットレス敷いていつもゴロゴロしていたい人も。

室内高は174cmを超え、床の有効長は210cm。そのため軽トラハウスなのに靴が脱げる玄関できました。

それってキャンピングカーなの???

いえいえ、ムーバールームはあえてキャンピングカーとはいいません。いつもは自宅に置き、電気を引き込むことで、子供部屋や、家族の誰かの趣味の小部屋として快適に使っていただくのが理想的と考えます。本格キャンピングカーを駐車場に置いておくのも理想だと思います。しかしその使用頻度が低ければ高額な維持費のかかる置物になってしまうケースも(毎週ごとに出かける人、年数回の長期旅や通勤にも使う人以外キャンピングカー購入はもったいないと思います)。だったらムーバールームは自宅の秘密基地として、軽トラックは日々の頼りになる車として使えれば無駄なんかないですよね。さあ旅に出かけよう!という時には、オプションの移動用スタンドを利用し、平坦な場所なら一人で軽トラへの脱着が可能です。また積載物扱いのため車検や構造変更の必要もなく車としての出費はありません。

ブームになりつつあるバンライフ、景色がいい場所での移動ワーケーション等々使い方は選ぶ人次第。災害時には自家発電できるようソーラーパネルを装備したモデルもあります。またケータリングカー等への転用も可能なように考慮しております。

じゃあ、キャンピングカーでないのなら快適な車中泊はできそうにないよね?

そこはキャンピングカー屋ですから考えられる最高のものを装備しているのも特徴です。キャンピングカーではないと言いつつ、車中泊では本格キャンピングカーと変わらない快適性も持ち合わせております。

まず、ムーバールームは車中泊時の暑さ寒さを考え全面に断熱材がバッチリ!

入口には本格キャンピングカーと同じ、アメリカ仕様の網戸付きエントランスドアを。

2か所の窓はキャンピングカーでも上位モデルやヨーロッパ製キャンピングカーに多く使われる網戸&ロールアップブラインド付きアクリル2重窓を装備!跳ね上げ式のこの窓は、窓の面積全てが開口するため、風の入り方は最高です。ガラス窓につきものの結露も皆無に等しく、多少の雨でも大丈夫!

高級キャンピングカーへの装備でお分かりの通り、かなりの高級品でありますが、このドアと窓を標準装備としていることこそがムーバールームの最大の特徴なのです。高級な部材も、快適な車中泊にはなくてはならないもので、他の素材では快適には程遠いと知っているからです。

ムーバールームでは電気にもこだわりました。上位モデルにはオプションも含め、ソーラーパネル(お日様で発電充電)、リチウムイオンバッテリー(寿命が長くたくさんの電気を蓄え使えます)、走行充電(車のエンジンから充電)、外部電源システム(家庭やキャンプ場の電源を繋ぐと中で100Vコンセント使え、バッテリーに充電もします)、インバーター(外部からのコンセント入力が無くても100Vコンセント使えます)、バックモニターカメラ等々、いざ車載すると本格キャンピングカーにも引けを取らない仕様です。

夏のエアコン、冬のセラミックヒーター等を装備し、電源付きの有料施設を利用すれば一年中どこに行っても自宅と同じ快適さ。お気に入りの部屋で、窓から見る目覚めの景色が毎日変わるなんて夢のようですね。

 

ただの軽トラハウスのようでただモノではない!キャンピングカー屋が本気で考えた!フレームからすべてハンドメイドで丁寧に作った!当店のムーバールームを、カッコよくオシャレに便利に使ってください!

ムーバールーム 電源レスベースモデル

移動・固定用アイボルト(4カ所)
内装壁紙仕上
上部バンク部及び床部クッションフロア仕上
エントランスマット
ヨーロッパ仕様網戸ブラインド付きアクリル2重窓(2カ所)
​アメリカ仕様網戸付きエントランスドア

¥1.155.000-

ムーバールーム ディープサイクルバッテリーパック

*ベース仕様に追加して
​LED照明(3カ所)
105AHディープサイクルバッテリー(外部電源充電式)
外部電源取込システム
100V 2口 コンセント
バッテリーカウンターボックス
​DC/USBコンセント・電圧計付き集中スイッチパネル

¥1.298.000-

ムーバールーム ソーラー&リチウムバッテリーパック

*ディープサイクルバッテリーパックに追加変更して
​175Wフレキシブルソーラーパネル
100AHリチウムイオンバッテリーに変更
1000W正弦波インバーター(リモコン、外部電源自動切り替え装置付)

¥1.485.000-

自分に必要な物を オプションで自分流にカスタマイズ

IMG_1945.HEIC
IMG_1925.HEIC
自宅に置いておく派の人は写真のように鋼管パイプ等で必ず台座を作ることが必要です。自宅横にスペースがあれば、一部屋の増設と同じでしょ!電源を外部から入力すれば15Aまでの家電が利用可能です。
安定性と変形防止のため、当店では更に下部にビールケースとコンパネを入れています。
​外板基本色はツヤ有のホワイトになりますが、差額無しでモデルカーのようなツヤ消し色、他数色の色にて製作可能です。
車載の場合取付キットがオススメで、ご自宅での移動を伴う設置にはスタンド等ご検討ください。
 
​移動スタンド                  ¥66.000
ジャッキスタンド                ¥55.000
車輌積載キット取付(要ベース車持ち込み)    ¥33.000
​外装指定色によるソリッド塗装          ¥110.000
ロゴステッカー4面                ¥33.000
IMG_2104.HEIC
IMG_2092.HEIC
軽トラハウスで過ごすのは乗車定員の2名以下になると思われます。床は約180×125センチの広さがありますのでお二人で十分就寝可能とは思いますが、更なる広さを求め、1階部分と同サイズの2段ベッドのご用意もございます。ただし体重100キロ以下でのご利用を目安とさせていただきます。
お二人で就寝時間が変わっても快適に過ごすことが可能となります。
その他快適装備盛りだくさんのオプションラインナップです。
​(最大積載量の関係から同時装着できない場合もございます)
 
​2段ベッドキット(ベッドマット付き)      ¥66.000
DVD内蔵液晶16インチテレビキット(壁アーム) ¥38.500
外付けテレビアンテナ                                 ¥33.000
​吊り下げ収納棚(1カ所)             ¥27.500
折りたたみテーブル               ¥16.500
照明増設(1カ所)                ¥11.000
キッチンシステム(シンク蛇口・給排水タンク)  ¥88.000
家庭用ウィンドウエアコン            ¥198.000
IMG_2105.HEIC
IMG_2095.HEIC
軽トラハウスを車載して旅車として使用する場合、電気をいかにして供給するか、走行中の後方視界をどう確保するか。
​ムーバールームのオプションで、エンジンから給電し、後方視界をカメラにて車内にモニタリングすることが可能です。当たり前のことのようですが、脱着式の場合、簡単なことではありません。この課題を相互をコネクターで接続する方法で可能にしています。
 
​バックモニターカメラ&走行充電システム      ¥60.500
バックモニターカメラ               ¥44.000
ミラー型バックモニター                             ¥14.300
​走行充電システム                 ¥33.000
175Wソーラー充電システム            ¥99.000
インバーター1000W(外部電源切替回路付)     ¥41.800
外部電源取込システム&室内コンセント×2    ¥44.000
外部電源充電システム               ¥27.500
バッテリーモニター               ¥15.000
IMG_2097.HEIC
IMG_2083.HEIC
IMG_2108.HEIC
IMG_2096.HEIC
IMG_2084.HEIC
IMG_2109.HEIC
ムーバールームの仕様、コンセプトはおわかりいただけたでしょうか???
長崎県大村市の店舗にはモデルカーもございます。
ぜひ見学予約の上ご覧になってください。
完全ハンドメイドで、世界中からより良いパーツを採用しての製作工程になりますので、納期を早くはできず、販売在庫もございませんが、お客様それぞれのオーダー車両を1台1台心を込めて製作してまいります。
 
ムーバールーム 
全長約3.2m 全高約1.8m 全幅約1.35m 積載時全高2.5m以下 荷台はみだし車長の10%未満
室内最大床長2.1m 床サイズ1.8×1.25m 室内高1.74m
接続はターンバックルにて固定し、容易に脱着できる構造
車両重量 バッテリー装着車300キロ弱程度(最大積載量350キロ以内でのオプションしか装着できません)
​*モデルカーの画像は、ソーラー&リチウムバッテリーパックにオプションを装備したものになります。
 画像のフロアに置いてあるソファベッドはイメージ設置のため商品にもオプションにもありません。    
 記載内容の価格については全て税込み価格です。また、改良のため仕様、価格の変更をする場合があります。
お問い合わせ
キャンピングカーレンタル長崎 アバンダンシア
長崎県大村市野岳町966-1
電話 0957-51-4738
​メール abundantia@ccr-nagasaki.com